TOP

2018年1月22日 | テクノロジー

GoogleのCEO、AIは電気や火よりも重要であると評価

2018年1月22日にGoogleの最高経営責任者(CEO)であるサンダー・ピチャイ氏が、AIは電気や火よりも重要であるとコメントしていたこ...

2018年1月22日 | テクノロジー

iOS 11.2.5 Bateから「HomePod」のアイコンが多数発見される

2018年1月22日にAppleが公開した「iOS 11.2.5」からスマートスピーカー「HomePod」と思われるアイコンが多数見つかった...

2018年1月22日 | テクノロジー

レジなしスーパー「Amazon Go」が1月22日よりシアトルにてオープン

2018年1月22日にAmazonが、レジが無いスーパーマーケットである「Amazon GO」を2018年1月22日よりアメリカシアトルにて...

2018年1月21日 | テクノロジー

次期iPhoneにはジャパンディスプレイのフルアクティブ液晶が採用か

2018年1月21日にAppleが次期「iPhone」にて、ジャパンディスプレイの最新液晶ディスプ「フルアクティブ」を採用する可能性が浮上し...

2018年1月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone 6 Plusの部品が欠品状態へ – iPhone 6s Plusとの交換事例も

2018年1月21日にAppleが、「iPhone 6 Plus」の部品が欠品状態になることが明らかとなりました。   ...

2018年1月21日 | テクノロジー

Amazon、 音声アシスタントAlexaのAndroid版をリリース

2018年1月21日にAmazonが、音声アシスタント「Amazon Alexa」のスマートフォン向けアプリケーションをまずはAndroid...

2018年1月20日 | テクノロジー

日本はどうなる!? 米Amazonプライムの価格が値上げへ

2018年1月20日に米Amazonが、有料会員である「Amazon Prime(アマゾンプライム)」の一部価格を値上げしたことが明らかとな...

2018年1月20日 | テクノロジー

iPhone X、2018年中盤に生産停止へ – iPhone Xの派生版がラインアップか

2018年1月20日にAppleが、プレミアムモデルである「iPhone X」の生産を2018年中盤より生産停止する可能性が浮上してきました...

2018年1月20日 | テクノロジー

Apple、HomePodのFCC認証を確認 – 間もなく販売開始か

2018年1月20日にAppleから販売予定のスマートスピーカー「HomePod」が、アメリカの連邦通信委員会(FCC)の認証を取得したこと...

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる不具合を修正 – iOS 11.2.5

2018年1月19日にAppleが、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる(フリーズ)してしまう不具合を修正した最新バージョンをリ...

2017年3月8日

Nintendo Switch(ニンテンドー スウィッチ)ドット抜けは仕様?

Nintendo Switchが販売されて間もないですが、多くのユーザーから「画面のドット抜け」についての報告が上がっております。

 

 

さらにネット上では、「Nintendoは、Nintendo Switchのドット抜け問題を対応してくれない」という情報が飛び交っており、一部のユーザーから不満の声があがっているようです。

 

 

Nintendo Switchのドット抜け問題

そこで、海外のNintendo公式サイトである「Nintendo UK」の公式トラブルシューティングサイトを参照してみると、以下の一文があることがわかりました。

 

 

 

 

Small numbers of stuck or dead pixels are a characteristic of LCD screens. These are normal and should not be considered a defect.

 

 

こちらを翻訳すると以下の通りとなります。

 

 

少数の常時点灯および非点灯なピクセルについては、液晶ディスプレイに特有のものです。

これは通常の状態であり、欠陥ではありません。

 

 

要は、多少のドット抜けであれば仕様であるため不良品交換などの対象にはならないという意味合いで捉えることができます。

 

 

 

 

しかし、ここで認識してほしいことは、液晶ディスプレイの製造技術が向上した現在も、製造時のドット抜けは少なからず存在します。(有機ELディスプレイなどは無いようです。)

 

 

 

 

これは、モニターを製造しているメーカーや、テレビメーカー、パソコンなど様々な会社が認めており、その多くはサポート対象外となっております。

 

 

 

 

 

しかし、多くのメーカーは、「ドット抜けが5箇所」など基準を設けており、該当する商品は交換などに応じてくれる場合が多いです。

 

 

 

 

 

Nintendo Switchの交換ポリシーが「多少のドット抜け」という表現を使用しているため、「ドット抜けの数」に応じたガイドラインになっているのか現在は不明です。

 

 

 

 

 

 

過去にNintendoは、同社のポータブルゲーム機である「Nintendo DS」にてドット抜けの修理に応じた事例があるため、ある一定のドット抜け(ドット抜けが5箇所あるなど)には修理・交換対応に応じてくれる可能性があります。

 

 

 

 

なお、ドット抜けは「自然と直るもの」や、「ドットが抜けている箇所に何かしらの物理的な刺激を与える」、「ドット抜けしている箇所へドット抜けが解消する動画を流す」など様々なきっかけで直ることがあります。

 

 

 

Nintendo Switchにドット抜けがあるユーザーは、まずは様子を見てはいかがでしょうか。

 

 

出典元:海外向け公式トラブルシューティングサイトT-SITE

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)