TOP

テロ撲滅のためにFacebook、Microsoft、YouTube、Twitterがインターネットフォーラムを結成

2017年6月26日にテロ撲滅のためにFacebook、Microsoft、YouTube、Twitterの4社がインターネットフォーラムを結成したことが明らかとなりました。     テロ撲滅運動 近年のソーシャルネットワークサービスを提供している大手IT企業の動きの一つに「テロ撲滅運動」が挙げられます。     そして、2017年6月26日にFacebook、Microsoft、YouTube、Twitterがテロ撲滅のためのインターネットフォーラムを結成したことが明らかとなりました。     結成により公開されたフォーラム「Global Internet Forum to Counter Terrorism」は、テロリズムに対抗する世界インターネットフォーラムと名付けられております。   Global Internet Forum to Counter Terrorism 「Global Internet Forum to Counter Terrorism」は、各IT企業が実施しているテロ撲滅手段を提供し合うことで、テロリストグループの募集手段を撲滅することを目的としている。     また、各企業でテロ撲滅に向けた取り組みを研究し合うことも活動内容に含まれております。     主に大手IT企業であるFacebook、Microsoft、YouTube、Twitterが中心となって共同研究を行い、研究成果を共有していくことを発表している。     各社ともすでにハッシュデータを使用した不適切なコンテンツの排除に取り組んでおり、こうした研究データを共有していくと予測されます。     また、小規模な企業や組織に対して、テロ撲滅に向けた事前計画を立てる方法を伝えていくことも発表している。   技術を共有するメリット Facebook、Microsoft、YouTube、Twitterは、最新のテクノロジーをすでに保有しているので、こうした運動は必要ないと思う人がいるでしょう。     しかし、4社が行っている研究は莫大な費用と時間が必要とされており、1社で全てを実行していくには負担が大きいとされている。     そこで、同じ目標を掲げている4社が同じ研究を行うことで、時間とコストを削減できるメリットが挙げられる。     「Global Internet Forum to Counter Terrorism」により構築されたデータベースは、小規模な企業にも公開されるため、テロ撲滅への近道となるわけだ。     IT企業がテロの情報発信手段を撲滅することで、テロ活動が抑えられると予測されております。 [Global Internet Forum to Counter Terrorism]
Read More
テロ撲滅のためにFacebook、Microsoft、YouTube、Twitterがインターネットフォーラムを結成

iOS 11では「機内モード」がオンでもWi-FiとBluetoothが利用可能に

2017年6月26日にAppleから配信予定の「iOS 11」で、「機内モード」がオンでも「Wi-Fi」と「Bluetooth」が利用可能であることが明らかとなりました。       iOS 11の機内モード Appleは、2017年6月にデベロッパー向けカンファレンス「WWDC 2017」にて、開発者向けに「iOS 11 Bate」を公開しました。     そして、現在では「iOS 11 Bate 2」がすでに公開されており、いくつかの変更点が確認されております。     その中でも、「機内モード」の仕様が大きく変わったと報告されており、「機内モード」がオンでもWi-FiとBluetoothが利用可能になったことが明らかになっている。         従来までの「iOS 10」では、「機内モード」をオンにすると、Wi-FiやBluetooth、モバイル回線(LTEなど)などの通信機能がすべてオフとなっておりました。     そして「iOS 11」にて「機内モード」がオンでも、Apple WatchやAirPodsを引き続き利用することができるようになりました。     今回のアップデートにより機内モードが、単なるモバイルネットワークのオフボタンになるので、ご注意下さい。   飛行機の需要に対応 近年の飛行機は、機内にWi-Fiが設置されていることが少なくない。     そのため、機内でもスマートフォンやパソコン、タブレットの利用が限定的に開放されるようになりました。     「iOS 11」は、こうした飛行機マナーの変更に伴い、「機内モード」がオンでもWi-FiやBluetoothが利用可能にしたのではないかと予測される。     機内でのWi-Fiの一般化などのマナーの進化に対応するアップデートは、ユーザーにとって非常に嬉しいアップデートと言えるでしょう。     Bate 3で機内モードの仕様が戻る可能性も Appleがデベロッパー向けに公開しているバージョンは、まだ「2」となっている。     その為、次のバージョンで「機内モード」の仕様が戻る可能性も少なからず残っている。     Appleが、機内モードの仕様を戻するのであれば「iOS 11 Bate 3」からと言われており、それ以降のバージョンで戻らなければ、正式版iOS 11に搭載されると予測されております。     近年のiPhoneは、Apple WatchやAirPodsとの連携が非常に便利なので、是非とも正式にリリースして欲しいところですね。 [Redmond Pie]
Read More
iOS 11では「機内モード」がオンでもWi-FiとBluetoothが利用可能に

LINE、トークルーム内で検索できる機能を追加か – まずはiPhoneアプリから

2017年6月26日にLINEは、iOS/Android向け公式アプリケーションのアップデートを行いました。     最新バージョンは、7.6.0となっておりiOS版では、トークルーム内検索機能が追加されたようです。       Lineがアップデート 2017年6月26日にLINEは、iOS/Android向け公式アプリケーションをアップデートしたことが明らかとなりました。     最新バージョンは、「7.6.0」となっており、新しい機能がiOS/ Androidごとに追加されているようです。     iOS版「7.6.0」では、トークルーム内で検索できる機能を追加していることをアナウンスしている。     Android版では、すでにiOS版で公開されているトークルームの「+」ボタンから写真や動画を送信する機能が追加されているようです。     トークルーム内で検索できる機能 トークルーム内で検索できる機能は、以前に会話した「キーワード」さえわかっていれば、すぐに会話をヒットさせることができる機能となっております。     トークルーム内の検索機能は、トークルームの右上にある[検索]から利用することができるようだ。         【利用方法】 [検索]ボタンとタップし、テキストボックスを表示させる テキストボックスに、検索したいキーワードを入力する 検索結果(リスト)をタップすることで、キーワードに該当したトーク外面へ移動する     今回のアップデートでは、カレンダー検索機能を追加されております。     カレンダー検索機能は、キーボードにあるカレンダーボタンをタップすることで、利用することができるようだ。       キーボードのカレンダーボタンをタップすると、以下のように検索用のカレンダーが表示されます。         【利用方法】 キーボードのカレンダーボタンをタップ 表示されたカレンダーから、特定の日付をタップ その日にやり取りしたメッセージまで移動     最後に、メンバー検索機能をご紹介します。   メンバー検索機能は、グループ内にいる友達を検索できる機能となっております。       【利用方法】 グループ画面でメンバーをタップ 特定のメンバーをタップし、相手のメッセージを絞込表示     その他のアップデート 今回のバージョンでは、細かいアップデートも施されております。     従来までは、公式アカウントから配信された画像や動画を保存・共有出来ませんでしたが、今回のアップデートから保存と共有が可能になりました。     さらに新しいジェスチャーも追加されており、ビデオ通話中に画面を指で下向きにスワイプすることで、会話をしながらトークなどの機能を利用できるようになりました。     今回のアップデートについて、詳しく知りたい方は以下のリンクをご参照下さい。 [LINE]
Read More
LINE、トークルーム内で検索できる機能を追加か – まずはiPhoneアプリから

Google Pixel 2/ XLのスペックがリークか – 5インチと6インチ

2017年6月26日にGoogleから販売予定のスマートフォン「Google Pixel 2」と「Google Pixel 2 XL」に関するスペックがリークされたことが明らかとなりました。   Google Pixel 2とは Googleが2016年に発売したフラグシップスマートフォン「Google Pixel」の登場とともに、Nexusシリーズの廃止が決まったことで有名です。         「Google Pixel」シリーズは、Googleが設計を担当するスマートフォンであり、GoogleブランドがNexusシリーズよりも濃い。     2017年の秋には「Google Pixel」の後継機である「Google Pixel 2」と「Google Pixel 2 XL」が登場すると噂されております。     そして本日、「Google Pixel 2」と「Google Pixel 2 XL」のスペックに関する情報がリークされました。     Google Pixel 2のスペック XDAが信頼できる情報として、「Google Pixel 2」と「Google Pixel 2 XL」のスペックを以下のうように報じております。     Google Pixel 2  
Read More
Google Pixel 2/ XLのスペックがリークか – 5インチと6インチ

Android Oの正式コードネームは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」になるかも?

2017年6月25日にGoogleのスマートフォン向けOS「Android O」の正式コードネームが「Oatmeal Cookie」となる可能性が明らかとなりました。     Android Oの正式コードネームは? Googleから配信予定の次期Android OSである「Android O」の正式コードネームが「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」になる可能性が浮上してきました。       以前からGoogleは、Android OSのコードネームにお菓子の名前をつけておりました。     ここ最近を振り返るだけでも、以下のコードネームが挙げられます。   Android 4.4:KitKat/キットカット Android 5.0:Lollipop/ロリポップ Android 6.0:Marshmallow/マシュマロ Android 7.0:Nougat/ヌガー     そして、Android 8.0ではクッキーでおなじみの「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」というコードネームとなるようです。     他に噂されていたコードネームは? Android 8.0のコードネームは、「O(オー)」から始まるお菓子の名前になることは、今までのGoogleの行動から予測できます。     その中で、最も有力だとされていたコードネームは「Oreo(オレオ)」でした。     しかし、Android 8.0のベータ版のコードを解析したところ、「oc-dev」と「OC-MR1」といったコメントが残されていたと報じられております。       これらのことから、Android 8.0のコードネームのイニシャルが「CO」であるとされており、「Oreo」の可能性が極めて低いと判断されております。     また、Googleは過去に「KitKat」という商品名を使用しておりましたが、食品メーカーNabiscoの登録商標と問題を起こさないために「Oreo」という名前は使用しないと予測されている。     他にも徹底的な証拠が 実は、Googleがデベロッパー向けに開催したカンファレンス「Google I/O」にて、徹底的な証拠が提示されている。     「Google I/O」で発表したソースコードの中には、「R.drawable.oatmeal_cookie」という記述がスクリーンに映し出される場面がありました。     Oatmeal cookie used on one of the slides.
Read More
Android Oの正式コードネームは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」になるかも?

Apple、iOS 11のマップアプリがVRモードを搭載か

2017年6月25日にAppleがデベロッパー向けカンファレンス「WWDC 2017」で発表した「iOS 11」のマップアプリにVRモードが備わっていることが明らかとなりました。     iOS 11のマップアプリ Appleがデベロッパーカンファレンス「WWDC 2017」で発表した「iOS 11」には、様々なVRやAR機能が搭載されていると報告されております。     そして、2017年6月25日に「iOS 11」に搭載されるマップアプリがVRモードを搭載していることが明らかとなりました。         現在報告されている内容によると、VRモードはFlyoverが利用できる地域でのみ提供されているようです。     「iOS 10」のマップアプリにあるFlyoverボタンをタップすると、ユーザーがいる地域の観光名所を案内する機能が搭載されておりました。     しかし、今回のリーク情報により、Flyoverボタンは観光名所機能からVRモードへ変更されてようです。     AppleとVRとAR Appleは、VR(仮想現実)よりもAR(拡張現実)に力を入れていることで有名です。     先日行われた「WWDC 2017」は、ARコンテンツを作成するための「ARKit」を公開しております。       「WWDC 2017」では、VRについても意欲的な姿勢を見せており、MacでVRコンテンツを利用できることを発表している。     同イベントでは、iOSとVRを関連付ける発表はありませんでしたが、以前よりもVRコンテンツに意欲的なのは間違いないだろう。       従来までは、VRはFacebookやGoogle、ARはAppleがそれぞれの強みになるだろうと言われておりましたが両社ともAR事業とVR事業を平行して進めるようだ。     純正マップアプリのVRモード 「iOS 11」に搭載されているVRモードは、「ARkit」の機能が採用されているようだ。     WOW 😮 There is an VR mode in Apple maps on iOS 11! It seems to use ARKit for positioning!
Read More
Apple、iOS 11のマップアプリがVRモードを搭載か

Samsung、Galaxy Note 8の価格が12万円になる!?

2017年6月24日にSamsungから販売予定の「Galaxy Note 8」の価格が12万円前後になる可能性が明らかとなりました。       Galaxy Note 8の価格 2017年8月以降にSamsungから販売予定のファブレット「Galaxy Note 8」の価格が、12万円前後になる可能性が浮上してきました。       これは、ニュースサイトVentureBeatが得た情報として、「Galaxy Note 8」の価格が999ドル(約12万4,000円)になると報じたことにより発覚しました。     前モデルである「Galaxy Note 7」の価格が850ドル(約9万3,500円)であることから、Samsungが大幅な値上げに踏み切ったことになります。     不具合検証に力を入れた結果か 2016年に販売された「Galaxy Note 7」は、バッテリーの不具合を受けてリコールを行っておりました。     この事件は。「Galaxy Note 7」のバッテリー不具合により、端末本体が爆発する事件が多発ししたため、大騒ぎとなりました。     空港の入場口にも「Galaxy Note 7」を機内に持ち込まないよう注意書きがされるほどの社会問題にまで発展しました。     Samsungは、「Galaxy Note 7」のリコール事件の教訓から「Galaxy Note 8」でより強固な不具合対応を行うとされている。     その為、不具合検出設備や人員の増加のため、「Galaxy Note 8」の価格が大幅に上がったと予測されます。     パーツごとの値上げも要因か 「Galaxy Note 8」に搭載されるパーツがアップデートされることで、端末の価格が上がったという意見もあります。     「Galaxy Note 8」には、Galaxyシリーズ初となるデュアルカメラが搭載されると噂されております。     デュアルカメラの解像度はいずれも、1,200万画素となっており、カメラ周りでもコストがアップされている。     さらに、6.3インチの有機ELディスプレイ(OLED)が搭載されるため、こちらも値上げの要因となっている。     細かいところでは、「Galaxy Note 8」に搭載されるメモリが6GBになると噂されており、殆どのパーツが値上げの要因となっている。     しかし、2017年9月にAppleから販売予定のiPhone 8も同じく10万円を超える値段になると噂されているため、ハイエンドスマートフォン市場自体が値上げ傾向にあるのかもしれません。 [VentureBeat,
Read More
Samsung、Galaxy Note 8の価格が12万円になる!?

テスラ、独自音楽ストリーミングサービスを計画中か

2017年6月24日にTesla(テスラ)が、同社が販売している車両へ独自の音楽ストリーミングサービスを計画していることが明らかとなりました。     テスラの音楽ストリーミングサービス 音楽ストリーミングサービスというと、「Apple Music」や「Amazon Music」、「Spotif」などといたサービスが挙げられます。     自動運転車両で有名なテスラ(Tesla)が、自社が販売している車両を対象として、独自の音楽ストリーミングサービスを計画していることが明らかとなりました。         音楽業界の関係者によると、すでにテスラは大手メジャーレーベルと音楽ストリーミングサービスの導入に向けて話し合いをしているとのこと。     すでにテスラの車両には、高性能なダッシュボードやインターネット接続機能が備わっているため、音楽ストリーミングサービスの実現は難しく無いと予想される。     テスラが目指すもの テスラのスポークマン氏は、顧客にとって最大限の幸福を与えることが使命であるとコメントしている。     テスラのコンセプトは、車両の中で例外とも言える体験ができることを挙げられております。     スポークマン氏とテスラのコンセプトにより、顧客が望むであろう音楽ストリーミングサービスを提供する方針を取ったと予測される。     これまでもテスラは、自動運転事業の最先端技術を構築するだけではなく、電気自動車という分野でも最先端技術を構築してきました。     その為、テスラから音楽ストリーミングサービスが配信される可能性は、非常に高いと予測される。     テスラのライバルはApple? 車両で音楽を聞く場合は、車両自体がBluetoothに対応していれば、どのスマートフォンでも車内で音楽を聞くことができます。     しかし、他の音楽ストリーミングサービスと違いAppleには、「CarPlay」という機能があります。     車両(カーナビ)が「CarPlay」に対応していれば、ハンドルなどにあるボタン一つでApple Musicの操作を行うことができる。     対するテスラは、現在「CarPlay」に対応した車両はリリースされていないようだ。     恐らく、テスラ独自の音楽ストリーミングサービスのみをサポートできるような体制をとり、「Apple Music」には対応しない方針であると予測される。     また、テスラ以外の車両でテスラ独自の音楽ストリーミングサービスの配信も望めないことから、テスラ社専用のサービスになると思われます。 [iPhone-mania]
Read More
テスラ、独自音楽ストリーミングサービスを計画中か
2017年3月4日

Surface pro 5のリリース日や価格、仕様についての噂 – WMCでの発表は無し

Microsoftは、MWCでSurface Pro 5の発表はしなかったが、その後に幾つかの新しいリーク情報があったようだ。

 

 

 

 

これまでのリーク情報

初めのリーク情報は、フランスのプレス・ハブの「win10-feature-surface-pro-5-z」というイメージ画像です。

 

 

 

 

 

WinCentral経由のリーク情報となっており、タイプミスが目立ちますがSurface pro 5という名前で画像を上げております。

 

 

 

 

 

その後、この画像とは別に、Microsoftの従業員の一人が上げたとされる「Linkedin Profile」にSurface Pro 5の名前が登場されている。

 

 

 

 

 

さらに、Surface Pro 5の他にも、oloLens、Xboxなどの製品に携わっていたという。

 

 

 

 

 

Surface Pro 5は、いつ出るのか

MicrosoftはSurface Pro 4を2015年10月にリリースしたので、後継機であるSurface Pro 5のリリース予定日も、2016年10月には新モデルとして発表されると思われておりました。

 

 

 

 

しかし、2016年10月のWindowsイベントでは、新しいSurfaceを発表しましたが、Surface book i7とSurface Studioに限定されていました 。

 

 

 

 

その後、Surface Pro 5を購入したいユーザーは、2017年の頭に発表されることを期待しております。

 

 

 

 

次の大きなWindows 10アップデート(Creators Updateと呼ばれているアップデート)が2017年の春まで出てこないという事実から、MicrosoftがSurfaceシリーズにあまり力を使っていないと推測されます。

 

 

 

 

 

更に同社は、年末年始セールにて既存モデル(Surface Pro 4)を値下げを行っており、在庫処分へシフトしているようだ。

 

 

 

 

2017年に入ってから、Surface Pro 4の上位モデルを対象とした大幅値引きも行っており、現在もキャンペーンをいくつか発表している。

 

 

 

 

最新のリーク情報では、MicrosoftがSurface Pro 5の製造契約をPegatron(これもSurface Studioを作っている)と契約したことをDigitimesが発表している。

 

 

 

 

 

また、Surface Pro 5には4Kのディスプレイが搭載されることが噂されており、スタイラスは無線で充電し、2017年第1四半期に発売される予定です。

 

 

 

 

 

これは第1四半期を意味し、 2017年3月にSurface Pro 5の発表を見ることになりそうです。

 

 

 

 

 

さらに、MicrosoftはARMプロセッサでWindows 10を実行していることを示しました。

 

 

 

 

 


 

新しいSurfaceがIntel Kaby Lakeチップの代わりにクアルコムSnapdragon 635プロセッサを使用する噂があり、実際に採用された際の利点は、バッテリ寿命が長くなり、モバイル接続にLTEが追加される可能性があります。

 

 

 

 

しかしSurface Proシリーズは、常にポータブルデバイスとして、デスクトップ並のパワーを発揮させてきており、従来までの方針を維持するのであれば第7世代のIntel Coreチップが理にかなっています。

 

 

 

 

もし、Snapdragon 635プロセッサを搭載したSurfaceが登場する場合、Surface 3の後継機として登場するものと考えられます。

 

 

 

Microsoftの社内には

 

下の写真は、Microsoftのビル88の壁を撮影したものとされております。

 

 

 

 

Microsoftには、新しいSurfaceが2つ以上あること推測されており、Surface Pro 5にはKaby Lake(Surface 5バージョン)がARMチップが搭載される可能性があるようです。

 

 

 

 

 

 

MicrosoftがSurface Pro 5をリリースするために春まで時間がかかっているのは、準備するための時間を多く取っているとされています。

 

 

 

 

これは、Surface Pro 4がバッテリーの消耗を含むいくつかの問題があったことに危惧しており、SUrface pro 5では、従来よりもテスト期間を長く実施していると推測されております。

 

 

 

Surface Pro 5の仕様についての噂

 

Surfaceペン

 

Surfaceに同梱されている「Surfaceペン」がアップグレードされるようです。

 

 

 

 

現行の「Surfaceペン」は、Surface本体に磁気的に取り付けられ、アルカリ電池によって動作しております。

 

 

 

 

しかし、Surface Pro 5に同梱される「Surfaceペン」は、Surface Pro 5本体に磁気的に接続された際に、ワイヤレスで充電される機能が搭載されるようです。

 

 

Surface Dial

 

さらにSurface StudioオールインワンPCとしてデビューした「Surface Dial」が付属される可能性も上がっております。

 

 

 

Surface Pro 5に合わせてサイズを小さくし、オプション・アクセサリーとしてリリースされると噂されております。

 

 

 

 

なお、Surface Dialについての記事はこちらになります。

 

 

Microsoft製、Surface Dialの噂をまとめてみた

 

 

ハードウェア

さらに明らかになった噂の一つに、Pro 5に最新世代のインテルプロセッサが搭載される情報が上がっております。

 

 

 

 

 

一部の噂では、第6世代Skylakeチップが搭載されるとされておりますが、他の噂では次の世代のコードネームのKaby Lakeになるとのこと。

 

 

 

 

 

しかし、Microsoftは、ARMプロセッサ上で動作するWindows 10のデモを公開していることから、Surface Pro 5はバッテリ寿命を延ばすためにクアルコムのSnapdragon SoC(システムオンチップ)に切り替える可能性もある。

 

 

 

 

最も可能性が高いのは、Surface Pro 5が第7世代のIntel Kaby Lake Core i7を採用することです。

 

 

 

 

 

中国で製造元が公開したレポートによると、Surface Pro 5には2Kの画面が搭載され、上位モデルに4Kディスプレイを搭載したモデルが用意されているようです。

 

 

 

 

 

また、Surface Pro 4のメモリ容量でも十分動作が可能だと思われておりますが、4Kモデルを選択する場合は、メモリを16GBへアップグレードするか選べるようです。

 

 

 

 

Surface Pro 5は、Surface Pro 4にも搭載されていたUSB 3.0ポートではなく、USB Type-Cポートを搭載されるようです。

 

 

 

 

これは充電用にも使用でできることから従来までのアダプターから変更になるようです。

 

 

 

 

最新バージョンのWi-Fi(製造が間に合えば、MU-MIMOサポート)とBluetoothが搭載されているほか、カメラもアップグレードされる可能性があります。

 

 

 

Surface Pro 5の価格

現在のリーク情報では、Surface Pro 5はSurface Pro4と同じ価格で販売されていると推測されており、これは従来までの傾向から判断しているようだ。

 

 

 

 

これは、エントリーモデルであるi3を搭載したモデルから、i7を搭載したハイエンドクラスまでに当てはまるようです。

 

 

 

 

 

しかし、今回から登場する4Kモデルについては、Surface Pro 4のハイエンドモデルに位置するものではなく、もう1段階上のグレードとして販売される可能性があります。

 

 

 

 

その場合、従来よりも高額なSurface Proシリーズとしてリリースされることになります。

 

 

出典元:TechAdvisor

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

あなたにおすすめの記事

         

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...