TOP

2017年10月23日 | テクノロジー

iPhone 8 Plusの人気が減少 – iPhone Xに期待が高まる

2017年10月23日にAppleから発表された「iPhone 8 Plus」の人気が落ちていることが明らかとなりました。  ...

2017年10月23日 | テクノロジー

Appleの新機能「Animoji」に対して東京の企業が訴えていることが判明

2017年10月22日にAppleから発表した新機能「Animozi(アニ文字)」に対して、東京に拠点を置くアプリケーション企業が起訴してい...

2017年10月23日 | テクノロジー

Instagram、すでにiPhone Xへ最適化済みであることが判明

2017年10月22日にAppleから販売予定の「iPhone X」に関する新たなリーク動画が公開されたことが明らかとなりました。 &...

2017年10月22日 | テクノロジー

Apple Storeのスタッフは、プレミアムモデルであるiPhone Xをオススメしないことが判明

2017年10月22日にApple Storeのスタッフが、2017年に発表されたiPhone Xをおすすめしないことが明らかとなりました。...

2017年10月22日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Pro LTEの販売時期が2018年頭まで遅れることを発表

2017年10月22日にMicrosoftが、「Surface Pro」のLTEモデルが2018年の頭まで販売時期が遅れてしまうことを発表致...

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、11月分のiPhone Xの初回販売台数として200~300万台を確保か

2017年10月21日にAppleから販売予定の「iPhone X」が、11月分の初回販売台数として200~300万台が販売される可能性が明...

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、10月に新製品関連のイベントの開催予定が無いことを発表へ – iMac ProやMacBookは無し!?

2017年10月21日にAppleの幹部が、2017年10月に新製品関連の発表イベントを開催する予定が無いことを発表いたしました。 &...

2017年10月20日 | ゲーム

ポケモンGO、ハロウィンイベントを発表へ – 魔女の帽子をかぶったピカチュウも登場

2017年10月20日にNianticは、ポケモンGOにて秋のハロウィンイベントを開催することを発表致しました。   ...

2017年10月20日 | テクノロジー

転売屋、iPhone Xの転売価格が34万円であることを予想

2017年10月20日にAppleから販売予定の「iPhone X」の転売価格が、最大で約34万円になる可能性が明らかとなりました。 ...

2017年10月20日 | テクノロジー

ティム・クックCEOが「Mac miniはこれからも重要であり続ける」とコメント – 新型Mac miniの登場に期待高まる

2017年10月20日にAppleのCEOであるティム・クックCEOが、Mac Miniについて「Mac Miniはこれからも重要であり続け...

2017年2月25日

Google、ハッシュ関数「SHA-1」を破ることを成功 – 90日後に突破方法を公開

米国時間2017年2月23日にGoogleは、「Google Online Security Blog: Announcing the first SHA1 collision」において、ハッシュ関数「SHA-1」を実用的なレベルで同一のSHA-1ダイジェストを生成するデータの作成に成功したことを発表しました。

 

 

 

 

SHA-1のコリジョンに成功

「SHA-1」は、TLS/SSLやOpenPGPなどで使われる暗号敵ハッシュ関数である。

 

 

GoogleはオランダのCWI研究との共同研究によりこれまで「理論上は破られる可能性がある」と指摘されていた「SHA-1」を破ることに成功したため、より安全なハッシュアルゴリズムへの以降が必要になりました。

 

 

 

 

 

なお、GoogleとCWIとで「SHA-1」を破るのに2年間の時間を費やしていたようです。

 

 

 

 

 

 

「SHA-1」は、約20年前に実用化され、技術的なアイディアは、デジタルデータの信憑性を担保するための一般的なハッシュ関数として利用されてきました。

 

 

 

 

 

デジタルデータをハッシュ関数で変換することで生成されるのが「ハッシュ値」となり、ハッシュ値からデジタルデータを復元することはできません。

 

 

 

 

 

ハッシュ関数は、データからハッシュ値への一方的な返還しかできなく、データによってハッシュ値は固有の値になる特徴があります。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、ハッシュ値が一致していることを必要があるため、データの送信過程で改ざんがされたり、すり替えられたことを検出できる仕組みになっております。

 

 

 

 

 

 

なお、「SHA-1」は10年前からすでに安全性を担保できないと指摘されており、さまざまな業界で「SHA-1」の利用廃止へ向けた取り組みが進められておりました。

 

 

 

 

 

そこで、GoogleはCWIと共同研究を行い、Googleのクラウドプラットフォームを利用することによる大規模計算により同一のダイジェストを生成するドキュメントデータを作成することができるようになりました。

 

 

 

 

 

「SHA-1」がハッカーからの攻撃対象になることが避けられなくなったため、今後は、「SHA-1」より強固なハッシュ関数への移行が必要となる。

 

 

 

 

 

Googleは、脆弱性公開ポリシーに従って、「SHA-1衝突攻撃を利用するためのコードを90日後に公開する」と公表しております。

 

 

 

 

このため、90日後にはSHA-1衝突攻撃の内容を誰でも閲覧、利用することが可能になり、「SHA-1」を利用するすべてのコンテンツにより安全な手法への移行が半ば強制的に行われることになります。

 

 

 

 

Googleは、「SHA-1を実際に突破する方法が公開されることで、SHA-256のようなより安全性の高い手法への移行が急務であると業界に確信させられることを願っています」とコメントしており、SHA-256への移行を推奨しております。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)