TOP

2018年1月21日 | テクノロジー

次期iPhoneにはジャパンディスプレイのフルアクティブ液晶が採用か

2018年1月21日にAppleが次期「iPhone」にて、ジャパンディスプレイの最新液晶ディスプ「フルアクティブ」を採用する可能性が浮上し...

2018年1月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone 6 Plusの部品が欠品状態へ – iPhone 6s Plusとの交換事例も

2018年1月21日にAppleが、「iPhone 6 Plus」の部品が欠品状態になることが明らかとなりました。   ...

2018年1月21日 | テクノロジー

Amazon、 音声アシスタントAlexaのAndroid版をリリース

2018年1月21日にAmazonが、音声アシスタント「Amazon Alexa」のスマートフォン向けアプリケーションをまずはAndroid...

2018年1月20日 | テクノロジー

日本はどうなる!? 米Amazonプライムの価格が値上げへ

2018年1月20日に米Amazonが、有料会員である「Amazon Prime(アマゾンプライム)」の一部価格を値上げしたことが明らかとな...

2018年1月20日 | テクノロジー

iPhone X、2018年中盤に生産停止へ – iPhone Xの派生版がラインアップか

2018年1月20日にAppleが、プレミアムモデルである「iPhone X」の生産を2018年中盤より生産停止する可能性が浮上してきました...

2018年1月20日 | テクノロジー

Apple、HomePodのFCC認証を確認 – 間もなく販売開始か

2018年1月20日にAppleから販売予定のスマートスピーカー「HomePod」が、アメリカの連邦通信委員会(FCC)の認証を取得したこと...

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる不具合を修正 – iOS 11.2.5

2018年1月19日にAppleが、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる(フリーズ)してしまう不具合を修正した最新バージョンをリ...

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、38兆円でTeslaとNetflixを買収か

2018年1月19日にAppleが、海外で蓄積していた38兆円を使い、動画見放題サービスでおなじみの「Netflix(ネットフリックス)」と...

2018年1月18日 | テクノロジー

2019年モデルのiPhoneはFace IDモジュールが統一化されノッチが縮小

2018年1月17日にAppleが、2019年モデルのiPhoneにて顔認証システム「Face ID」に使われる「TrueDepth」カメラ...

2018年1月18日 | テクノロジー

ティム・クックCEO、次期iOSでバッテリー劣化による性能抑制機能をオフにする機能を発表

2018年1月17日にAppleのCEOであるティム・クック氏が次期iOSにて、バッテリーの劣化によるパフォーマンス抑制機能をオフにできる機...

2017年2月25日

Apple、非正規業者でもディスプレイ以外の修理であれば保証対象内に

2017年2月25日にMacRumorsによるとAppleは、非正規の修理業者がiPhoneのディスプレイ以外を修理する場合、保証対象内にすることをAppleの社内に通達していたことがわかりました。

 

 

 

 

従来までは、非正規の修理業者がiPhoneを修理した場合、保証期間内保証対象外になってしまいました。

 

 

 

 

ですが今回の通達により、非正規の業者が保証期間内にiPhoneのディスプレイ以外の修理が認められたことになります。

 

 

 

 

 

 

このことから、「すでにディスプレイ以外の修理を受けたiPhone」のディスプレイが割れた場合に、Apple Storeや正規サービスプロバイダーに修理を受け付けてもらうことが可能だそうだ

 

 

 

 

 

非正規の修理業者を利用するメリットは、やはり修理費の安さです。

 

 

 

 

 

iPhoneのディスプレイ以外の部品を修理する場合、数万円の修理費がかかるのに対し、非正規の修理業者で修理する場合、Appleの修理費と比較しても3〜5割ほど安く修理できるところが多いです。

 

 

 

 

 

サードパーティ製のディスプレイを搭載したiPhoneをApple Soteや正規サービスプロバイダーへ修理を求める場合、両者ともディバイスの不正改ざんや不正パーツの使用を点検するるよう指示を受けているため、修理を拒まれる可能性が高いです。

 

 

 

 

Apple Storeや正規サービスプロバイダーで修理する場合、保証期間や保証内容、価格設定に基づいて壊れた部品を交換してもらえます。

 

 

 

 

 

当たり前ですが、サードパーティ製のディスプレイを搭載したiPhoneは、保証サービスを受けるためにAppleの標準の1年保証やAppleCareによる延長保証のいずれの保証期間中であっても保証を受けることができません。

 

 

 

 

さらにApple正規のディスプレイをサードパーティ製のディスプレイに交換する場合、Apple正規サービスプロバイダーは、新しいディスプレイを保証外の価格で見積もるよう、指示されているようです。

 

 

 

 

Appleは、「AppleCare Plus」ではサードパーティ製のディスプレイやバッテリーの修理については扱っていないとコメントしており、もしサードパーティ製からApple正規品へ交換する場合、通常の修理費よりも高額な修理費になる可能性が高いと思われます。

 

 

 

 

なお、今回Appleが社内向けに行った通達は、米国とカナダで行われていることを確認済みですが、日本などの他の各国に適応されているかは不明となっております。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)