TOP

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、11月分のiPhone Xの初回販売台数として200~300万台を確保か

2017年10月21日にAppleから販売予定の「iPhone X」が、11月分の初回販売台数として200~300万台が販売される可能性が明...

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、10月に新製品関連のイベントの開催予定が無いことを発表へ – iMac ProやMacBookは無し!?

2017年10月21日にAppleの幹部が、2017年10月に新製品関連の発表イベントを開催する予定が無いことを発表いたしました。 &...

2017年10月20日 | ゲーム

ポケモンGO、ハロウィンイベントを発表へ – 魔女の帽子をかぶったピカチュウも登場

2017年10月20日にNianticは、ポケモンGOにて秋のハロウィンイベントを開催することを発表致しました。   ...

2017年10月20日 | テクノロジー

転売屋、iPhone Xの転売価格が34万円であることを予想

2017年10月20日にAppleから販売予定の「iPhone X」の転売価格が、最大で約34万円になる可能性が明らかとなりました。 ...

2017年10月20日 | テクノロジー

ティム・クックCEOが「Mac miniはこれからも重要であり続ける」とコメント – 新型Mac miniの登場に期待高まる

2017年10月20日にAppleのCEOであるティム・クックCEOが、Mac Miniについて「Mac Miniはこれからも重要であり続け...

2017年10月19日 | テクノロジー

【意外!?】アメリカでは新型iPhone 8よりもiPhone 7が人気であることが判明

2017年10月19日にアメリカでは、Appleから新たに発表された「iPhone 8」よりも前モデルである「iPhone 7」のほうが人気...

2017年10月19日 | テクノロジー

iOS 11、バグによりロック画面から写真へアクセスできることが判明

2017年10月19日にAppleから公開されている「iOS 11」のバグにより、ロック画面から簡単に写真へアクセスできてしまうことが明らか...

2017年10月19日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンやを発表

2017年10月19日にMicrosoftが、「Surface Book 2」の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンを開始したことが明ら...

2017年10月18日 | テクノロジー

未発売のiMac ProのベンチマークがGeekbenchに突如登場

2017年10月18日にAppleから未発売のiMac Proのベンチマークが、ベンチマークサイト「Geekbench」に登場していたことが...

2017年10月18日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2(サーフェスブック2)を正式発表 – 15インチモデルを追加

2017年10月18日に米Microsoftが、Surface Bookの後継機モデルとして新型Surface Book 2(サーフェスブッ...

2017年2月25日

Apple、非正規業者でもディスプレイ以外の修理であれば保証対象内に

2017年2月25日にMacRumorsによるとAppleは、非正規の修理業者がiPhoneのディスプレイ以外を修理する場合、保証対象内にすることをAppleの社内に通達していたことがわかりました。

 

 

 

 

従来までは、非正規の修理業者がiPhoneを修理した場合、保証期間内保証対象外になってしまいました。

 

 

 

 

ですが今回の通達により、非正規の業者が保証期間内にiPhoneのディスプレイ以外の修理が認められたことになります。

 

 

 

 

 

 

このことから、「すでにディスプレイ以外の修理を受けたiPhone」のディスプレイが割れた場合に、Apple Storeや正規サービスプロバイダーに修理を受け付けてもらうことが可能だそうだ

 

 

 

 

 

非正規の修理業者を利用するメリットは、やはり修理費の安さです。

 

 

 

 

 

iPhoneのディスプレイ以外の部品を修理する場合、数万円の修理費がかかるのに対し、非正規の修理業者で修理する場合、Appleの修理費と比較しても3〜5割ほど安く修理できるところが多いです。

 

 

 

 

 

サードパーティ製のディスプレイを搭載したiPhoneをApple Soteや正規サービスプロバイダーへ修理を求める場合、両者ともディバイスの不正改ざんや不正パーツの使用を点検するるよう指示を受けているため、修理を拒まれる可能性が高いです。

 

 

 

 

Apple Storeや正規サービスプロバイダーで修理する場合、保証期間や保証内容、価格設定に基づいて壊れた部品を交換してもらえます。

 

 

 

 

 

当たり前ですが、サードパーティ製のディスプレイを搭載したiPhoneは、保証サービスを受けるためにAppleの標準の1年保証やAppleCareによる延長保証のいずれの保証期間中であっても保証を受けることができません。

 

 

 

 

さらにApple正規のディスプレイをサードパーティ製のディスプレイに交換する場合、Apple正規サービスプロバイダーは、新しいディスプレイを保証外の価格で見積もるよう、指示されているようです。

 

 

 

 

Appleは、「AppleCare Plus」ではサードパーティ製のディスプレイやバッテリーの修理については扱っていないとコメントしており、もしサードパーティ製からApple正規品へ交換する場合、通常の修理費よりも高額な修理費になる可能性が高いと思われます。

 

 

 

 

なお、今回Appleが社内向けに行った通達は、米国とカナダで行われていることを確認済みですが、日本などの他の各国に適応されているかは不明となっております。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)