TOP

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる不具合を修正 – iOS 11.2.5

2018年1月19日にAppleが、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる(フリーズ)してしまう不具合を修正した最新バージョンをリ...

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、38兆円でTeslaとNetflixを買収か

2018年1月19日にAppleが、海外で蓄積していた38兆円を使い、動画見放題サービスでおなじみの「Netflix(ネットフリックス)」と...

2018年1月18日 | テクノロジー

2019年モデルのiPhoneはFace IDモジュールが統一化されノッチが縮小

2018年1月17日にAppleが、2019年モデルのiPhoneにて顔認証システム「Face ID」に使われる「TrueDepth」カメラ...

2018年1月18日 | テクノロジー

ティム・クックCEO、次期iOSでバッテリー劣化による性能抑制機能をオフにする機能を発表

2018年1月17日にAppleのCEOであるティム・クック氏が次期iOSにて、バッテリーの劣化によるパフォーマンス抑制機能をオフにできる機...

2018年1月18日 | テクノロジー

Apple、いよいよスマートスピーカー「HomePod」を出荷開始へ – 発売日は2月?

2018年1月17日にAppleが、スマートスピーカー「HomePod」の出荷をいよいよ開始したことが明らかとなりました。  ...

2018年1月17日 | テクノロジー

iPhone 6のバッテリー交換で動作が2倍早くなったことが判明

2018年1月17日にAppleから販売されている「iPhone 6(アイフォン6)」のバッテリーを交換したところ、パフォーマンスが2倍にな...

2018年1月17日 | テクノロジー

スマートスピーカーの依存度は高く、元の生活には戻れないことが判明

2018年1月17日にスマートスピーカーの所持者を対象としたアンケートによると、スマートスピーカー無しの生活には戻れない回答が多いことがわか...

2018年1月16日 | テクノロジー

2018年モデルのMacbook Proはマイナーチェンジにとどまることが判明

2018年1月16日にAppleから販売予定の2018年モデルの「Macbook Pro」が大幅なモデルチャンジが予定されていないことが判明...

2018年1月16日 | テクノロジー

Apple、Macbook Airの販売から10週年を迎える

2018年1月15日にAppleは、同社のノートPC「Macbook Air」を販売してから10週年を迎えたことが明らかとなりました。 ...

2018年1月16日 | テクノロジー

Samsungから販売予定の「Galaxy S9」のスペックがリーク – 虹彩認証

2018年1月16日にSamsungから販売予定のスマートフォン「Galaxy S9」のスペックがリークされていることが明らかとなりました。...

2017年2月24日

Microsoft、Skypeの軽量版「Skype Lite」を発表

米国時間2017年2月22日にMicrosoftは、インドのムンバイで開催されたカンファレンス「Future Decoded」にて、2G回線でもビデオチャットや通話がスームに行うことができる軽量版コミュニケーションアプリ「Skype Lite」をAndroid向けに提供開始することを発表した。

 

 

 

 

なお、「Skype Lite」は、すでにインドのGoogle Playにて無料で公開されており、ヘルプページからはiOSやWindows向けた提供についての記載は今のところないようだ。

 

 

 

 

 

「Skype Lite」のアプリ容量は、通常の「Skype」と比較し、わずか約3分の1の「13MB」しかなく、2Gや不安定な回線でも接続が可能になるように最適化された設計をしているようだ。

 

 

 

 

 

さらに消費電力機能も搭載しており、バッテリー持ちがよく、古いAndroidOS(Android 4.0.3、Ice Cream Sandwich以上)にもサポート対象にしている。

 

 

 

 

通信容量の状況を閲覧することができる機能も提供されており、サードパーティ製のソフトを使用せずとも、通信容量を常に把握することが可能だ。

 

 

 

 

現在も公開されている「Skype」アプリと同じように、「SMSによるメッセージ機能」や「データ通信量の少ないビデオ通話」なども同様に扱うことができる。

 

 

 

 

 

なお、対応している言語は、インドで使われている(ヒンディー、ベンガル、グジャラート、マラーティー、タミル、テルグ、ウルドゥー)のみとなっている。

 

 

 

 

 

同じ軽量系メッセージアプリケーションにFacebookが2016年10月にリリースしている「Facebook Messenger Lite」があるがこちらはインドでの提供は行われていない。

 

 

 

 

 

Facebookは以前に、インドで無料ネットサービス「Free Basics」をサービスインしたが、インド政府がこのサービスはネットの中立性に反するとして規制したようです。

 

 

 

 

 

 

Microsoftは、6月にインド版マイナンバー「Aadhaar」との連携を行うことを発表しており、連絡帳にない相手からの着信を「Aadhaar」を使うことで確認できたり、面接などのセキュアな場面でSkypeチャットを利用することが可能だ。

 

 

 

 

 

さらに同社は、「Project Sangam」も発表しており、インドの未熟練労働者や半熟練労働者を対象にLinkedInベースのトレーニングを提供するようだ。

 

 

 

 

 

同社のメッセージアプリ(Skype )は、インドで苦戦を強いられており、ライバルである「WhatsApp」は、同社のデイリーアクティブユーザー数は1億6000万人を超えているようだ。

 

 

画像出典元:ITmedia

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)