TOP

2018年1月22日 | テクノロジー

GoogleのCEO、AIは電気や火よりも重要であると評価

2018年1月22日にGoogleの最高経営責任者(CEO)であるサンダー・ピチャイ氏が、AIは電気や火よりも重要であるとコメントしていたこ...

2018年1月22日 | テクノロジー

iOS 11.2.5 Bateから「HomePod」のアイコンが多数発見される

2018年1月22日にAppleが公開した「iOS 11.2.5」からスマートスピーカー「HomePod」と思われるアイコンが多数見つかった...

2018年1月22日 | テクノロジー

レジなしスーパー「Amazon Go」が1月22日よりシアトルにてオープン

2018年1月22日にAmazonが、レジが無いスーパーマーケットである「Amazon GO」を2018年1月22日よりアメリカシアトルにて...

2018年1月21日 | テクノロジー

次期iPhoneにはジャパンディスプレイのフルアクティブ液晶が採用か

2018年1月21日にAppleが次期「iPhone」にて、ジャパンディスプレイの最新液晶ディスプ「フルアクティブ」を採用する可能性が浮上し...

2018年1月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone 6 Plusの部品が欠品状態へ – iPhone 6s Plusとの交換事例も

2018年1月21日にAppleが、「iPhone 6 Plus」の部品が欠品状態になることが明らかとなりました。   ...

2018年1月21日 | テクノロジー

Amazon、 音声アシスタントAlexaのAndroid版をリリース

2018年1月21日にAmazonが、音声アシスタント「Amazon Alexa」のスマートフォン向けアプリケーションをまずはAndroid...

2018年1月20日 | テクノロジー

日本はどうなる!? 米Amazonプライムの価格が値上げへ

2018年1月20日に米Amazonが、有料会員である「Amazon Prime(アマゾンプライム)」の一部価格を値上げしたことが明らかとな...

2018年1月20日 | テクノロジー

iPhone X、2018年中盤に生産停止へ – iPhone Xの派生版がラインアップか

2018年1月20日にAppleが、プレミアムモデルである「iPhone X」の生産を2018年中盤より生産停止する可能性が浮上してきました...

2018年1月20日 | テクノロジー

Apple、HomePodのFCC認証を確認 – 間もなく販売開始か

2018年1月20日にAppleから販売予定のスマートスピーカー「HomePod」が、アメリカの連邦通信委員会(FCC)の認証を取得したこと...

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる不具合を修正 – iOS 11.2.5

2018年1月19日にAppleが、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる(フリーズ)してしまう不具合を修正した最新バージョンをリ...

2017年2月23日

テスラ、普及車である「Model 3」を7月より生産開始

米国時間2017年2月23日にテスラ社は、同社のエントリークラスEV「Model3」生産を7月より開始することを発表致しました。

 

 

株主向けの収益報告書に記載された内容には、「Model 3」は2017年7月から初期生産を行い、9月から本格的に販売していくようです。

 

 

 

 

 

テスラ社の最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は、同社の業績は「Model 3」の7月の生産開始に向けて順調に稼働していることを発表している。

 

 

 

 

 

本格的に販売体制を組む9月に生産体制に入り、早期に予約していたユーザーには、2017年末までに納車できるようだ。

 

 

 

 

 

 

またテスラ社は、北米地域を中心に同社の急速充電ステーションの数を増加させることを収益報告書に記載しているようだ。

 

 

 

 

 

テスラのModel3で北米を横断する場合、「Model 3」の予定航続距離が345Kmであることを考慮すると、横断することは難しいかもしれませんが、急速充電ステーションが倍増されればその心配も無くなりそうです。

 

 

 

 

 

テスラ社は、サポート面でも力を入れており、職場や自宅ガレージなどで行う出張修理サービス「Tesla Ranger」を強化し、修理全体の80%以上をオンサイトでこなすことを目標に掲げた。

 

 

 

 

 

テスラ社の特徴でもある直営店のみでディーラー網を広げないだけに、こうした取り組みもまたユーザーから支持される理由ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

TechCrunchによると、テスラ社は「アジアの一部顧客に対し、車両購入価格に定期メンテナンスと保険を含んだ販売体制を考えている」というリークが流れており、同社はすでに実施しているとのことです。

 

 

 

 

 

これは、購入者の任意により保険は別途加入できるものの、購入者にとってはすべてのコストが明確になっていることから維持費などの細かいことを気にする必要がなくなるメリットがあります。

 

 

 

 

 

なお、テスラ社の2016年第4半期の赤字は縮小しており、今回の報告書では2017年上半期に「Model S」と「Model X」をあわせて約5万台を生産することを目標にしているようです。

 

 

 

 

「Model S」と「Model X」をあわせて約5万台を生産するということは、前年同期比71%増を目標としていることになりテスラ社の自信が感じられます。

 

 

 

 

2018年には、「Model 3」を含む全車種の年間生産台数を合計50万台まで引き上げると発表しており、テスラ社の意気込みが伺えます。

 

 

 

 

 

 

なお、テスラModel 3の予約金額は15万円となっており、テスラModel 3の本体価格はおよそ400万円となっております。

 

 

 

 

 

すでにテスラModel 3の予約台数が25万台を突破しており好調な売上が予測されるようです。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)