TOP

2018年1月21日 | テクノロジー

次期iPhoneにはジャパンディスプレイのフルアクティブ液晶が採用か

2018年1月21日にAppleが次期「iPhone」にて、ジャパンディスプレイの最新液晶ディスプ「フルアクティブ」を採用する可能性が浮上し...

2018年1月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone 6 Plusの部品が欠品状態へ – iPhone 6s Plusとの交換事例も

2018年1月21日にAppleが、「iPhone 6 Plus」の部品が欠品状態になることが明らかとなりました。   ...

2018年1月21日 | テクノロジー

Amazon、 音声アシスタントAlexaのAndroid版をリリース

2018年1月21日にAmazonが、音声アシスタント「Amazon Alexa」のスマートフォン向けアプリケーションをまずはAndroid...

2018年1月20日 | テクノロジー

日本はどうなる!? 米Amazonプライムの価格が値上げへ

2018年1月20日に米Amazonが、有料会員である「Amazon Prime(アマゾンプライム)」の一部価格を値上げしたことが明らかとな...

2018年1月20日 | テクノロジー

iPhone X、2018年中盤に生産停止へ – iPhone Xの派生版がラインアップか

2018年1月20日にAppleが、プレミアムモデルである「iPhone X」の生産を2018年中盤より生産停止する可能性が浮上してきました...

2018年1月20日 | テクノロジー

Apple、HomePodのFCC認証を確認 – 間もなく販売開始か

2018年1月20日にAppleから販売予定のスマートスピーカー「HomePod」が、アメリカの連邦通信委員会(FCC)の認証を取得したこと...

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる不具合を修正 – iOS 11.2.5

2018年1月19日にAppleが、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる(フリーズ)してしまう不具合を修正した最新バージョンをリ...

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、38兆円でTeslaとNetflixを買収か

2018年1月19日にAppleが、海外で蓄積していた38兆円を使い、動画見放題サービスでおなじみの「Netflix(ネットフリックス)」と...

2018年1月18日 | テクノロジー

2019年モデルのiPhoneはFace IDモジュールが統一化されノッチが縮小

2018年1月17日にAppleが、2019年モデルのiPhoneにて顔認証システム「Face ID」に使われる「TrueDepth」カメラ...

2018年1月18日 | テクノロジー

ティム・クックCEO、次期iOSでバッテリー劣化による性能抑制機能をオフにする機能を発表

2018年1月17日にAppleのCEOであるティム・クック氏が次期iOSにて、バッテリーの劣化によるパフォーマンス抑制機能をオフにできる機...

2017年2月22日

次期iPhone(2017年モデル)の有機ELモデルはRAM3GBでストレージは64〜256GBか

市場調査外社の「TrendForce」が、次期iPhoneの最新情報をまとめたレポートを公開しており、ハイエンドモデルが5.8インチの有機ディスプレイの搭載やメモリが3GB、ストレージが64〜256GBを搭載するなど報じております。

 

 

 

 

AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載

今年の次期iPhoneの生産量は少なくとも1億台を突破すると思われ、その要因がiPhoneへのAMOLED(有機EL)の搭載が最大の理由と報じられております。

 

 

 

 

 

これにより次期iPhoneは、他の主要なデザイン変更に加え、AMOLEDディスプレイを搭載した初めてのiPhoneになります。

 

 

 

 

 

Appleは、iPhone 2017年のハイエンドモデル移行、すべてのiPhoneへAMOLEDディスプレイを搭載したモデルへと移行するものだと思われる。

 

 

 

 

 

 

サプライチェーンからの情報によりますと、2017年の後半に発売されるiPhoneは3モデルで展開され、そのうちの一つがハイエンドモデルとなっております。

 

 

 

 

 

このハイエンドモデルのiPhoneは、AMOLED(有機EL)ディスプレイの搭載はもちろん、画面サイズが5.8インチで解像度が2Kになると予測されております。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかにも、4.7インチや5.5インチのiPhoneが発表されると報じており、こちらの2モデルに関しては、AMOLED(有機EL)ではなく、LCDディスプレイが搭載されるようです。

 

 

 

 

 

しかし、他に噂されていた、iPhone用の湾曲ディスプレイを採用しないようだ。

 

 

 

 

 

 

これには、生産効率と落下テストの結果から3Dガラスに問題があったことが原因で、次期iPhoneには現行と同じディスプレイカバー用の2.5Dガラスが搭載される予定です。

 

 

 

 

 

ホームボタンの廃止

ハイエンドモデルのiPhoneのもう一つの特徴にホームボタンの機能がディスプレイに統合されるため、物理ボタンを廃止されると噂されております。

 

 

 

 

 

物理ボタンが廃止されることによるメリットは、iPhoneの表示領域がアップし、内部の装置がよりコンパクトなるとのこと。

 

 

 

 

 

したがって、次期iPhoneの表示アスペクト比は「2:1」を超えることが出来ますが、携帯電話の全体的なボディサイズは、4.7インチモデルのiPhoneに合わせた形で提供されると予測しております。

 

 

 

 

 

ストレージとメモリ容量のアップ

次期iPhoneでは、従来までのiPhoneと比べて少しだけアップグレードされるようです。

 

 

 

 

 

 

ハイエンドモデルのiPhoneのメモリについては3GBのモバイルDRAMを搭載し、2つのストレージオプションで展開され、64GBと256GBから選択できるようだ。

 

 

 

 

 

 

ハイエンドモデルではないiPhoneのメモリは、5.5インチは3GB、4.7インチは2GBとなっており、ストレージは両者とも256GBまで選べるようだ。

 

 

 

 

出典元:FTRENDFORCE

 

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)