TOP

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、11月分のiPhone Xの初回販売台数として200~300万台を確保か

2017年10月21日にAppleから販売予定の「iPhone X」が、11月分の初回販売台数として200~300万台が販売される可能性が明...

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、10月に新製品関連のイベントの開催予定が無いことを発表へ – iMac ProやMacBookは無し!?

2017年10月21日にAppleの幹部が、2017年10月に新製品関連の発表イベントを開催する予定が無いことを発表いたしました。 &...

2017年10月20日 | ゲーム

ポケモンGO、ハロウィンイベントを発表へ – 魔女の帽子をかぶったピカチュウも登場

2017年10月20日にNianticは、ポケモンGOにて秋のハロウィンイベントを開催することを発表致しました。   ...

2017年10月20日 | テクノロジー

転売屋、iPhone Xの転売価格が34万円であることを予想

2017年10月20日にAppleから販売予定の「iPhone X」の転売価格が、最大で約34万円になる可能性が明らかとなりました。 ...

2017年10月20日 | テクノロジー

ティム・クックCEOが「Mac miniはこれからも重要であり続ける」とコメント – 新型Mac miniの登場に期待高まる

2017年10月20日にAppleのCEOであるティム・クックCEOが、Mac Miniについて「Mac Miniはこれからも重要であり続け...

2017年10月19日 | テクノロジー

【意外!?】アメリカでは新型iPhone 8よりもiPhone 7が人気であることが判明

2017年10月19日にアメリカでは、Appleから新たに発表された「iPhone 8」よりも前モデルである「iPhone 7」のほうが人気...

2017年10月19日 | テクノロジー

iOS 11、バグによりロック画面から写真へアクセスできることが判明

2017年10月19日にAppleから公開されている「iOS 11」のバグにより、ロック画面から簡単に写真へアクセスできてしまうことが明らか...

2017年10月19日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンやを発表

2017年10月19日にMicrosoftが、「Surface Book 2」の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンを開始したことが明ら...

2017年10月18日 | テクノロジー

未発売のiMac ProのベンチマークがGeekbenchに突如登場

2017年10月18日にAppleから未発売のiMac Proのベンチマークが、ベンチマークサイト「Geekbench」に登場していたことが...

2017年10月18日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2(サーフェスブック2)を正式発表 – 15インチモデルを追加

2017年10月18日に米Microsoftが、Surface Bookの後継機モデルとして新型Surface Book 2(サーフェスブッ...

2017年2月22日

次期iPhone(2017年モデル)の有機ELモデルはRAM3GBでストレージは64〜256GBか

市場調査外社の「TrendForce」が、次期iPhoneの最新情報をまとめたレポートを公開しており、ハイエンドモデルが5.8インチの有機ディスプレイの搭載やメモリが3GB、ストレージが64〜256GBを搭載するなど報じております。

 

 

 

 

AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載

今年の次期iPhoneの生産量は少なくとも1億台を突破すると思われ、その要因がiPhoneへのAMOLED(有機EL)の搭載が最大の理由と報じられております。

 

 

 

 

 

これにより次期iPhoneは、他の主要なデザイン変更に加え、AMOLEDディスプレイを搭載した初めてのiPhoneになります。

 

 

 

 

 

Appleは、iPhone 2017年のハイエンドモデル移行、すべてのiPhoneへAMOLEDディスプレイを搭載したモデルへと移行するものだと思われる。

 

 

 

 

 

 

サプライチェーンからの情報によりますと、2017年の後半に発売されるiPhoneは3モデルで展開され、そのうちの一つがハイエンドモデルとなっております。

 

 

 

 

 

このハイエンドモデルのiPhoneは、AMOLED(有機EL)ディスプレイの搭載はもちろん、画面サイズが5.8インチで解像度が2Kになると予測されております。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかにも、4.7インチや5.5インチのiPhoneが発表されると報じており、こちらの2モデルに関しては、AMOLED(有機EL)ではなく、LCDディスプレイが搭載されるようです。

 

 

 

 

 

しかし、他に噂されていた、iPhone用の湾曲ディスプレイを採用しないようだ。

 

 

 

 

 

 

これには、生産効率と落下テストの結果から3Dガラスに問題があったことが原因で、次期iPhoneには現行と同じディスプレイカバー用の2.5Dガラスが搭載される予定です。

 

 

 

 

 

ホームボタンの廃止

ハイエンドモデルのiPhoneのもう一つの特徴にホームボタンの機能がディスプレイに統合されるため、物理ボタンを廃止されると噂されております。

 

 

 

 

 

物理ボタンが廃止されることによるメリットは、iPhoneの表示領域がアップし、内部の装置がよりコンパクトなるとのこと。

 

 

 

 

 

したがって、次期iPhoneの表示アスペクト比は「2:1」を超えることが出来ますが、携帯電話の全体的なボディサイズは、4.7インチモデルのiPhoneに合わせた形で提供されると予測しております。

 

 

 

 

 

ストレージとメモリ容量のアップ

次期iPhoneでは、従来までのiPhoneと比べて少しだけアップグレードされるようです。

 

 

 

 

 

 

ハイエンドモデルのiPhoneのメモリについては3GBのモバイルDRAMを搭載し、2つのストレージオプションで展開され、64GBと256GBから選択できるようだ。

 

 

 

 

 

 

ハイエンドモデルではないiPhoneのメモリは、5.5インチは3GB、4.7インチは2GBとなっており、ストレージは両者とも256GBまで選べるようだ。

 

 

 

 

出典元:FTRENDFORCE

 

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)