TOP

2018年7月23日 | テクノロジー

Apple、従業員向けにHomePodのベータ版を配信-新機能を複数確認

2018年7月23日にAppleが、従業員向けにスマートスピーカー「HomePod」用のベータ版OSを配信していることが明らかとなりました。...

2018年7月23日 | テクノロジー

Google、2018年10月のイベントで第2世代の「Pixelbook」を発表か

2018年7月23日にGoogleが、10月に開催予定のハードウェア発表イベント「Made by Google」にて、第2世代の「Pixel...

2018年7月22日 | テクノロジー

Apple、iOS 12で通知機能を変更-通知のグループ化など

2018年7月22日にAppleが、2018年末にリリース予定の「iOS 12」にて通知機能を一新することが報じられております。 &n...

2018年7月22日 | テクノロジー

Macbook Pro 13インチ Touch Bar 2018は4ポート全てで最大40Gbpsによる通信が可能に

2018年7月22日にAppleが発表した「Macbook Pro 13インチ Touch Bar 2018」が、4ポートすべて最大40Gb...

2018年7月21日 | テクノロジー

Amazon、アプリへARモードを追加へ-ボルトやネジなど

2018年7月21日にAmazonが、ショッピングアプリにて拡張現実機能である「ARモード」を追加したことが明らかとなりました。 &n...

2018年7月21日 | テクノロジー

iFixit、第3世代のバタフラキーボードがホコリの侵入を防ぐことができるのか実験

2018年7月21日にiFixitが、Appleから発表された第3世代のバタフラキーボードに搭載されたシリコンカバーを対象として実験を行った...

2017年2月21日

Google、同社のMVNOサービスである「Project Fi」で一部ユーザーにVoLTEを試験運用へ

米国時間2017年3月17日にGoogleは、米国内で提供する同社が運営しているMVNOサービス「Project Fi」を一部のユーザーを対象に、VoLTE(Voice over LTE)サービスを試験運用していることがわかりました。

 

 

 

 

 

 

「Project Fi」とは、Googleが米国向けに提供しているMVNOサービスです。

 

 

 

 

 

 

「Project Fi」の特徴は、米国の複数のキャリアのネットワークから最適な回線を選んで接続することができ、使用していないデータ容量に応じた払い戻しがあることが特徴となっております。

 

 

 

 

 

 

Googleによると、LTEネットワークを利用するVoLTE通話は、従来までの携帯電話ネットワークを使用した通話と比較し、高音質かつ低遅延な通話が可能になるとのこと。

 

 

 

 

 

通話時に通信がHSPA(3G回線)に落ちること無く、LTE (4G)によるネットワークを維持することが可能であるため、快適なデータ通信ができるようです。

 

 

 

 

 

 

「Project Fi」は、米国の通信業者「Sprit」、「T-Mobile」、「US Cellular」が所有するネットワークに接続するMVNOサービスとなっておりますが、現在VoLTE通話をサポートしているのは、「T-Mobile」のみとなっているようです。

 

 

 

 

 

「Sprit」はすでに、VoLTEではなく、HDコールを使用した高音質通話を採用しておりますが、VoLTEのサポートも現在取り組んでおり、2017年後半にVoLTEのサービスを展開するようだ。

 

 

 

 

「US Cellular」についても同じく2017年後半にVoLTEサービスを開始することを発表しております。

 

 

 

 

 

Googleは、「Project Fi」によるVoLTEサービスの具体的な開始時期や提供される国について、一切コメントをしておりません。

 

 

 

 

 

 

「Project Fi」の最大の特徴である複数のキャリアのネットワークを仮想的に利用できるだけに、「Sprit」や「US Cellular」のVoLTEサービス開始まで待ってから運用開始される可能性も考えられるため、本稼働は2017年後半になると予測されます。

 

 

 

 

 

 

日本での「 Project Fi」によるVoLTEについても未定ではありますが、すでに「Project Fi」の対象国に日本が入っていることから、各キャリアがVoLTEにすでに対応していることを考慮すると、「Poject Fi」の提供国の第一弾に入ることが可能だと予測されます。

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)