TOP

2018年1月21日 | テクノロジー

次期iPhoneにはジャパンディスプレイのフルアクティブ液晶が採用か

2018年1月21日にAppleが次期「iPhone」にて、ジャパンディスプレイの最新液晶ディスプ「フルアクティブ」を採用する可能性が浮上し...

2018年1月21日 | テクノロジー

Apple、iPhone 6 Plusの部品が欠品状態へ – iPhone 6s Plusとの交換事例も

2018年1月21日にAppleが、「iPhone 6 Plus」の部品が欠品状態になることが明らかとなりました。   ...

2018年1月21日 | テクノロジー

Amazon、 音声アシスタントAlexaのAndroid版をリリース

2018年1月21日にAmazonが、音声アシスタント「Amazon Alexa」のスマートフォン向けアプリケーションをまずはAndroid...

2018年1月20日 | テクノロジー

日本はどうなる!? 米Amazonプライムの価格が値上げへ

2018年1月20日に米Amazonが、有料会員である「Amazon Prime(アマゾンプライム)」の一部価格を値上げしたことが明らかとな...

2018年1月20日 | テクノロジー

iPhone X、2018年中盤に生産停止へ – iPhone Xの派生版がラインアップか

2018年1月20日にAppleが、プレミアムモデルである「iPhone X」の生産を2018年中盤より生産停止する可能性が浮上してきました...

2018年1月20日 | テクノロジー

Apple、HomePodのFCC認証を確認 – 間もなく販売開始か

2018年1月20日にAppleから販売予定のスマートスピーカー「HomePod」が、アメリカの連邦通信委員会(FCC)の認証を取得したこと...

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる不具合を修正 – iOS 11.2.5

2018年1月19日にAppleが、2018年1月の第3週にiOSディバイスが固まる(フリーズ)してしまう不具合を修正した最新バージョンをリ...

2018年1月19日 | テクノロジー

Apple、38兆円でTeslaとNetflixを買収か

2018年1月19日にAppleが、海外で蓄積していた38兆円を使い、動画見放題サービスでおなじみの「Netflix(ネットフリックス)」と...

2018年1月18日 | テクノロジー

2019年モデルのiPhoneはFace IDモジュールが統一化されノッチが縮小

2018年1月17日にAppleが、2019年モデルのiPhoneにて顔認証システム「Face ID」に使われる「TrueDepth」カメラ...

2018年1月18日 | テクノロジー

ティム・クックCEO、次期iOSでバッテリー劣化による性能抑制機能をオフにする機能を発表

2018年1月17日にAppleのCEOであるティム・クック氏が次期iOSにて、バッテリーの劣化によるパフォーマンス抑制機能をオフにできる機...

2017年2月13日

BIGLOBE SIM、動画と音楽が視聴し放題のエンタメフリーオプションに「Spotify」を追加

2017年2月13日にBIGLOBEが、同社の高速モバイル通信サービスである「BIGLOBE SIM」で提供中の「エンタメ・フリー・オプション」の対象サービスに「Spotify」を追加することを発表致しました。

 

 

 

 

 

「エンタメ・フリー・オプション」は、月額6GB以上のデータ通信容量プランを対象としてたサービスとなっており、音声通話SIMカード1枚ごとに月額480円(税別)データ専用SIMカードは一枚ごとに980円(税別)となっている。

 

 

 

 

 

サービス内容は、YouTubeAbemaTVGoogle Play MusicApple Musicなどの指定されたコンテンツの動画、音楽サービスのデータ通信容量がカウント外になるサービスとなっている。

 

 

 

 

 

こちらの「エンタメ・フリー・オプション」に2月16日から新たに「Spotify」も追加されることになります。

 

 

 

 

 

このことから、「Spotify」のデータ通信容量もカウントされないため、利用している方は検証してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

また、最近の格安SIMは一定条件でデータ通信容量をカウントしないサービスが多く増えてきました。

 

 

 

 

 

 

こちらの記事で紹介したLINEモバイルについては、SNSに関連のデータ通信容量をカウントしないサービスとなっており、ユーザー次第では、1GBの契約でも通信料を持て余してしまうサービスとなっている。

 

 

 

 

こうした格安SIM業者の動きは2016年後半から動きが目立っており、大手通信会社はさらに集客に苦しむことになると思われる。

 

 

 

 

 

さらにIIJでは、契約できる窓口を増やしており、郵便局での申込みを開始しました。

 

 

 

 

少し前までは、通信速度やデータ通信容量のコストパフォーマンスを売りにしていた格安SIM業界ですが、近年は、「契約窓口の増加」や「データ通信容量を一定条件でカウントしない」、「通信速度を落とすが、データ通信容量使い放題」など様々な戦略を立てております。

 

 

 

 

ユーザーは、自分にあった格安SIMを見極める力が必要とされており、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが重要視されています。

 

 

 

 

これから格安SIMを検討している方は、時間をゆっくりかけて、自分にあった業者を選択することを強くおすすめする。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)