TOP

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、11月分のiPhone Xの初回販売台数として200~300万台を確保か

2017年10月21日にAppleから販売予定の「iPhone X」が、11月分の初回販売台数として200~300万台が販売される可能性が明...

2017年10月21日 | テクノロジー

Apple、10月に新製品関連のイベントの開催予定が無いことを発表へ – iMac ProやMacBookは無し!?

2017年10月21日にAppleの幹部が、2017年10月に新製品関連の発表イベントを開催する予定が無いことを発表いたしました。 &...

2017年10月20日 | ゲーム

ポケモンGO、ハロウィンイベントを発表へ – 魔女の帽子をかぶったピカチュウも登場

2017年10月20日にNianticは、ポケモンGOにて秋のハロウィンイベントを開催することを発表致しました。   ...

2017年10月20日 | テクノロジー

転売屋、iPhone Xの転売価格が34万円であることを予想

2017年10月20日にAppleから販売予定の「iPhone X」の転売価格が、最大で約34万円になる可能性が明らかとなりました。 ...

2017年10月20日 | テクノロジー

ティム・クックCEOが「Mac miniはこれからも重要であり続ける」とコメント – 新型Mac miniの登場に期待高まる

2017年10月20日にAppleのCEOであるティム・クックCEOが、Mac Miniについて「Mac Miniはこれからも重要であり続け...

2017年10月19日 | テクノロジー

【意外!?】アメリカでは新型iPhone 8よりもiPhone 7が人気であることが判明

2017年10月19日にアメリカでは、Appleから新たに発表された「iPhone 8」よりも前モデルである「iPhone 7」のほうが人気...

2017年10月19日 | テクノロジー

iOS 11、バグによりロック画面から写真へアクセスできることが判明

2017年10月19日にAppleから公開されている「iOS 11」のバグにより、ロック画面から簡単に写真へアクセスできてしまうことが明らか...

2017年10月19日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンやを発表

2017年10月19日にMicrosoftが、「Surface Book 2」の発表と同時にキャッシュバックキャンペーンを開始したことが明ら...

2017年10月18日 | テクノロジー

未発売のiMac ProのベンチマークがGeekbenchに突如登場

2017年10月18日にAppleから未発売のiMac Proのベンチマークが、ベンチマークサイト「Geekbench」に登場していたことが...

2017年10月18日 | テクノロジー

Microsoft、Surface Book 2(サーフェスブック2)を正式発表 – 15インチモデルを追加

2017年10月18日に米Microsoftが、Surface Bookの後継機モデルとして新型Surface Book 2(サーフェスブッ...

2017年2月13日

BIGLOBE SIM、動画と音楽が視聴し放題のエンタメフリーオプションに「Spotify」を追加

2017年2月13日にBIGLOBEが、同社の高速モバイル通信サービスである「BIGLOBE SIM」で提供中の「エンタメ・フリー・オプション」の対象サービスに「Spotify」を追加することを発表致しました。

 

 

 

 

 

「エンタメ・フリー・オプション」は、月額6GB以上のデータ通信容量プランを対象としてたサービスとなっており、音声通話SIMカード1枚ごとに月額480円(税別)データ専用SIMカードは一枚ごとに980円(税別)となっている。

 

 

 

 

 

サービス内容は、YouTubeAbemaTVGoogle Play MusicApple Musicなどの指定されたコンテンツの動画、音楽サービスのデータ通信容量がカウント外になるサービスとなっている。

 

 

 

 

 

こちらの「エンタメ・フリー・オプション」に2月16日から新たに「Spotify」も追加されることになります。

 

 

 

 

 

このことから、「Spotify」のデータ通信容量もカウントされないため、利用している方は検証してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

また、最近の格安SIMは一定条件でデータ通信容量をカウントしないサービスが多く増えてきました。

 

 

 

 

 

 

こちらの記事で紹介したLINEモバイルについては、SNSに関連のデータ通信容量をカウントしないサービスとなっており、ユーザー次第では、1GBの契約でも通信料を持て余してしまうサービスとなっている。

 

 

 

 

こうした格安SIM業者の動きは2016年後半から動きが目立っており、大手通信会社はさらに集客に苦しむことになると思われる。

 

 

 

 

 

さらにIIJでは、契約できる窓口を増やしており、郵便局での申込みを開始しました。

 

 

 

 

少し前までは、通信速度やデータ通信容量のコストパフォーマンスを売りにしていた格安SIM業界ですが、近年は、「契約窓口の増加」や「データ通信容量を一定条件でカウントしない」、「通信速度を落とすが、データ通信容量使い放題」など様々な戦略を立てております。

 

 

 

 

ユーザーは、自分にあった格安SIMを見極める力が必要とされており、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが重要視されています。

 

 

 

 

これから格安SIMを検討している方は、時間をゆっくりかけて、自分にあった業者を選択することを強くおすすめする。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)