TOP

2017年12月13日 | テクノロジー

LINE、メッセージの削除機能を正式に提供開始へ

2017年12月13日にLINEが、メッセージの削除を行える「送信取消機能」の提供を開始したことが明らかとなりました。   ...

2017年12月13日 | テクノロジー

Apple、iMac Proのカスタマイズモデルを2018年より受付開始か – 一部ユーザーには受付済み!?

2017年12月13日にAppleが、「iMac Pro(アイマックプロ)」のカスタマイズモデルを2018年より受付開始する可能性が浮上して...

2017年12月13日 | テクノロジー

【56万円!?】Apple、iMac Proの予約受付を開始へ – 12月14日より販売開始

2017年12月13日にAppleが、「iMac Pro(アイマックプロ)」を2017年12月14日に販売開始することを正式に発表いたしまし...

2017年12月12日 | 自動車

Uber、ロンドンでの営業免許の有効期限を2018年4月・6月まで延期へ

2017年12月12日にライドシェアリングサービスで有名なUberが、ロンドンでの営業免許の有効期限を2018年4月あるいは2018年6月ま...

2017年12月12日 | テクノロジー

Apple、iMac Proを12月18日より注文開始へ

2017年12月12日にAppleが、「iMac Pro(アイマックプロ)」を2017年12月18日より注文が可能な状態へ移行することが判明...

2017年12月12日 | テクノロジー

Google、スマートスピーカー「Google Home Max」を販売開始へ

2017年12月12日にGoogleが、スマートスピーカー「Google Home Max(グーグルホームマックス)」の販売を開始したことが...

2017年12月11日 | テクノロジー

Google Home Mini、アップデートにより隠し機能を解禁か

2012年12月11日にGoogleが、スマートスピーカー「Google Home Mini」のアップデートにより、上部を長押しする操作を側...

2017年12月11日 | テクノロジー

Windows 10、アップデートによりLTE通信機能と電源周りを強化か

2017年12月11日にMicrosoftが、「Windows 10」の次期アップデートによりLTEなどのセルラー機能や電源管理機能を強化す...

2017年12月10日 | テクノロジー

Apple、音楽認識アプリShazamを買収 – Siriの強化へ応用か

2017年12月9日にAppleが、音楽認識アプリである「Shazam」を買収したことが明らかとなりました。   &n...

2017年12月10日 | テクノロジー

【販売間近!?】iMac Proがユーラシア経済委員会の認証を通過

2017年12月7日にAppleから販売予定の「iMac Pro(アイマックプロ)」と思われるディバイスが、ユーラシア経済委員会の認証を通過...

2017年2月8日

Twitter、荒らしなどの低品質投稿やユーザーを規制

米国時間2017年2月7日にTwitterは、「罵倒」や「嫌がらせ」、「自由な発言がしにくくなってしまうケース」などが発生している状況を改善するべく、3つの変更点と品質向上に向けた新しいシステムの発表を行いました。

 

 

 

「罵倒」や「嫌がらせ行為」、「低品質なユーザー」に対し、新規アカウント作成を規制

 

「罵倒」や「嫌がらせ行為」などを繰り返し、アカウントを永久停止されたユーザーが新たにアカウントを発行することを規制するようだ。

 

 

 

従来までのTwitterでは、アカウントが永久停止されても、違うメールアドレスを使えば、新規アカウントを発行しツイートすることが可能でした。

 

 

 

 

しかし、今回の発表では、過去にアカウントの永久停止を受けたユーザーを識別するシステムの開発により、「低品質なユーザーによる新規アカウント作成」が不可能になるようです。

 

 

 

これにより、Twitter全体の品質を上げ、より安全な検索結果を上位に示すことが可能になる。

 

細心の注意を要するコンテンツを含む可能性のあるツイートを除外

ユーザーが検索した場合の表示については、ブロックやミュート対象扱いになっているユーザーのツイートは非表示になり、不快だと感じる可能が高いセンシティブなコンテンツも非表示となるようだ。

 

 

 

希望すればこれらコンテンツを見ることはできるが、検索結果にこうした悪質ツイートが散見されることはなくなる。

 

 

 

嫌がらせの可能性がある返信や質の低い返信を非表示に

 

Twitterの新しい「セーフサーチ」では、「慎重な扱いを要するコンテンツを含む可能性」のあるツイートや、ブロックまたはアカウント停止されたユーザーからのツイートは、全て除外することができる。

 

 

 

なお、「Show less relevant replies」をクリックすれば、これらの返信を見ることはできますが、最初に返信に目を通す際の不快に感じる返信を目にしなくて済むようになる。

 

 

Twitterからのコメント

 

Twitterのエンジニアリング担当バイスプレジデント、Ed Ho氏は、以下のようにコメントしている。

 

 

表現の自由を尊重し、ユーザーがどのような話題についてもあらゆる側面を見られるようにしたい。
自由な意見が誹謗中傷によって抑制され封じられれば、その理念が脅かされる。当社はこれを看過することなく、阻止するための新しい対策を講じる。

 

 

 

Twitterの最高経営責任者(CEO)であるJack Dorsey氏はこの新ツールを、「Twitter上の誹謗中傷に対するまったく新しいアプローチ」であるとコメントしている。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

参加してます


お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)